検索
よお〜来なったの〜
  たくさん酒屋のHPがある中、
当店のHPにたどり着いて頂きありがとうございます。
地元福井(越前・北陸)の地酒を代表する黒龍はもちろん、
新潟の米百俵も私のおすすめです。
ここ最近人気が出てきたのが
石川(能登)の池月です。
一度お試し下さい。
きっと気に入って頂けますよ。
どうぞゆっくりご覧下さい。
 
斉藤酒店 店主より
アプリ
お問い合わせ
メールはこちら
2022年 08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2022年 09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

トップ > 各蔵元 限定大吟醸 > 一本義 第一義締  720ml (6月蔵出し分)

一本義 第一義締  720ml (6月蔵出し分)

6月蔵出し分(6月14日以降の発送)

ふわり消えゆく、特別な口中感。


最上の手間暇をかけた大吟醸酒仕込みから、僅か10%ほどしか採取できない酒雫。
それは、「袋吊り」によって生まれます。

袋吊りとは、酒袋(約10L容量の木綿製の袋)にモロミを汲み、その酒袋自体を吊るして、
重力で自然に滴り落ちた酒雫だけを集める、非常に贅沢な酒搾り手法。

圧力を一切かけず、真にピュアな最良の部分だけをコレクトすることができますが、
採取量はモロミ全体の10%ほどに限定されます。

舌の上で重量を感じさせないような軽やかさ。やわらかで、
たおやかな甘みがいつの間にかなくなるような、不思議なまとまり。

「ふわり消えゆく、特別な口中感」を存分にお楽しみいただきたいと存じます。

商品名【第一義諦(だいいちぎたい)】の意味
禅語「第一義諦」からの出典で、“最高の真理、優れた悟りの智慧を極めた境地”を意味します。
一本義の酒銘の由来となった言葉です。

本商品をお楽しみいただくために
本商品は、冷蔵管理をお勧めいたします。
ただし、冷蔵庫から取り出してすぐの冷たいとき、お酒の香味は抑えられています。
本商品は、高い香りと繊細な味わいが特徴のため、ワイングラスなどに半分程注いで、
ゆっくりとまわしたり、グラスを手で包んで酒の冷たさを少し和らげていただきますと、
香味が広がり最も美味しくお召し上がりいただけます。お召し上がり推奨温度は10℃〜20℃です。

■大吟醸酒
■原料米 さかほまれ
(福井県認証・減農薬減化学肥料特別栽培米)100%
■アルコール度数 17%
■精米歩合 30%
■搾り 袋吊り 
■貯蔵熟成方法 -4℃氷温瓶貯蔵

販売時期:年5回の限定販売(6月・10月・11月・12月・3月)
価格 : 11,000円(税抜き10,000円)
ポイント : 110
数量    残りあと1個
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ