検索
よお〜来なったの〜
  たくさん酒屋のHPがある中、
当店のHPにたどり着いて頂きありがとうございます。
地元福井(越前・北陸)の地酒を代表する黒龍はもちろん、
新潟の米百俵も私のおすすめです。
ここ最近人気が出てきたのが
石川(能登)の池月です。
一度お試し下さい。
きっと気に入って頂けますよ。
どうぞゆっくりご覧下さい。
 
斉藤酒店 店主より
転売禁止
お問い合わせ
メールはこちら
2018年 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 


黒龍 あどそ
きっかけは、福井への愛



H24.8. 福井県大野市阿難祖(あどそ)

福井「黒龍特約有志の会」が企画立案して生まれたお酒です。

福井県大野市、阿難祖(あどそ)地区にある「味の郷生産組合」の契約農家の方のご協力を得て、有志の会会員が田植え、稲刈りを行い、その酒米を黒龍酒造が醸しました。
福井県大野市阿難祖産酒米「五百万石」100%の大吟醸純米酒です。

飲みやすさと爽やかな香りを大切にしながらも、しっかりと米のうまさを引き出ししているこのお酒は、これまで出会ったことのない新しい黒龍に仕上がっています。

 

黒龍大吟醸純米酒「あどそ」
720ml 2,808円(税抜き2,600円)

「ありがとうプロジェクト2013」 

 若者に黒龍特約店有志の会と一緒に田植えや稲刈りにご参加頂き、大切な方への感謝の気持ちを、「黒龍 あどそ」に込めてプレゼントして頂く企画です。

黒龍特約店有志の会では、これまで大野市阿難祖地頭方の田圃で、酒米「五百万石」の田植えや稲刈りを行ってきました。
そして、その田圃から収穫された酒米を、生産地の名前を冠した「黒龍 あどそ」の原料米として使用しています。


「ありがとうプロジェクト2013」は、酒を酌み交わしながら人と人との絆を深める機会が少なくなっている若者に、私達と一緒に田植えや稲刈りにご参加頂き、そこから生まれる「黒龍 あどそ」を、日頃からお世話になっている方にプレゼントして頂く企画です。
 また、「黒龍のお酒ができるまで」の勉強会や、出来上がったお酒のお披露目会も予定しています。